授乳後のバストに対する悩み…対処法は?

出産前のバストはどこにいったの?授乳後のバストトラブルは子どもを産んだママ共通の悩みです。

授乳後のバストにコンプレックスを抱えたまま歳をとるのはもったいない!もう一度、きれいな胸を取り戻してみませんか?

ここでは、なぜバストが崩れるのか、また、どう対処したらよいのかを解説していきます。

授乳後の胸の3大トラブルはこれ!

胸が、垂れる

胸が、しぼむ

胸が、小さくなる

授乳後のバストが垂れる!

出産前に胸が大きかったママほど要注意です。
なんのケアもしないで授乳を続けていると、どんどん垂れていきます。

中には、おへそまで垂れたなんていうケースも。普段は矯正ブラに押し込んでいても、脱ぐと・・・。
温泉に行けないという悩みを抱える人も多いです。

原因&解決法

もともとバストが大きかった人ほど垂れやすくなります。
バストが垂れてしまう原因は、胸の仕組みにあります。

胸の脂肪を支えているのは、クーパーじん帯というコラーゲンを主成分とした組織です。
クーパーじん帯は、思春期や授乳期によって大きくなったバストを支えるために伸びていきます。

しかし、クーパーじん帯は一度伸びてしまうと元には戻りません。
また、産後は女性ホルモンが減少し、胸のなかにある乳腺が痩せてしまうので、バストは小さくなっていきます。

そのため、バストが小さくなってもクーパーじん帯は伸び切ったままのため、胸が垂れてしまうという訳です。

授乳後の垂れた胸をハリのある状態へ戻すには?

授乳後に大きくなった胸が元に戻ることを想定して、授乳中からしっかりケアすることが大切になります。

まず、クーパーじん帯に付加が掛かり過ぎないよう、しっかりと体にあったブラジャーを付けることが大切。

楽なブラを使っていたりノーブラでいたりすると、クーパーじん帯が伸びやすく、切れやすくなります。ナイトブラを付けることで、段々とハリが戻ってきたという声もありますよ!

また、胸の脇下にある筋肉や大胸筋、小胸筋といった部位のストレッチやマッサージをすると、胸を支える筋力がつきます。

また、先ほども述べたように、クーパーじん帯はコラーゲンを主成分としている組織のため、サプリなどでコラーゲンを摂取することで、クーパーじん帯を強化することも可能です。

授乳後のバストがしぼむ!

しわしわ、すかすかな胸をブラに押し込むのは本当に大変。
“寄せて上げて”を繰り返さなければなりません。

そのようにストレスを抱え、ハリは元に戻るのかと思い悩むこともバストダウンに繋がります。

原因&解決法

胸は乳腺、脂肪、クーパーじん帯という三つの成分で構成されています。

授乳後に胸がしぼむのは、これらの成分が変化するためです。
出産直後などに胸が豊かになるのは、女性ホルモンの影響で乳腺が発達し、それを守るために周りに脂肪がつくからです。

しかし授乳後には役目を終えた乳腺が縮むため、乳腺を守っていた脂肪も一緒に無くなるという仕組みです。

また、産後は増加していた、胸のハリなどに関係するエストロゲンが急速に減少することも大きな要因になります。
エストロゲンは子宮や胸を大きくする女性ホルモンです。

このホルモンは、臨月に分泌のピークを迎え、出産後に急速に減少します。
女性ホルモンが減少することで体が冷えやすくなり、血行が悪くなります。

すると、冷えにより血液中にある女性ホルモンや栄養が胸に届きにくくなり、ハリなどが元に戻らなくなってしまうのです。

授乳後の胸のしぼみを元に戻すためには?

授乳を始めるときから、胸のマッサージなどを行って、胸がしぼまないようケアすることが大切です。

チーズなどの乳製品は女性ホルモンを活性化させる効果があるので、乳腺の発達の助けになります。
積極的に日々の食事に取り入れましょう。
女性ホルモンの減少には、イソフラボンも効果的です。イソフラボンは大豆に多く含まれています。その構造が女性ホルモンと近く、女性ホルモンと似たような働きをすることで知られています。

また、ストレスを溜め込まない工夫も大切です。
大胸筋や脇の下の筋肉を鍛えることで、胸の発達を促すことができるため、ヨガやストレッチを生活に取り入れるとよいでしょう。

授乳後のバストが小さくなる!

CカップがAカップにサイズダウンをしてしまう、というような声も多く聞こえます。

片方だけが小さくなる、なんてことも少なくありません。そうなると体のバランスが崩れるので、歩き方にも支障が出てしまいます。
また、アンバランスなバストは腰痛や肩こりの原因にもなります。

原因&解決法

小さくなる原因も、基本的には「しぼむ」原因と同じです。

胸のなかにある脂肪と乳腺が断乳後に減少することで起こります。
また、授乳中に母乳の出が左右で異なる、子どもが片方飲みに執着するというような傾向があった場合、断乳後に左右の胸で大きさが異なるといった状況になってしまいます。

元々、人間の体型は完璧な左右対称ではないため、出産前からバストサイズは左右で同じではありません。
なかでも、利き腕を頻繁に使う人はバストの大きさに左右で差がでてしまいます。

胸を構成する成分の一つである脂肪が鍛えられ筋肉に変わるので、利き腕側のバストがどうしても小さくなってしまうのです。
つまり、授乳や子育てで利き腕ばかり使うため、授乳後の胸が片方だけ極端に小さくなるという訳です。

もう一つの原因は、授乳時の癖にあります。乳腺が詰まって母乳が出にくかったり、乳首が陥没していたりすると、赤ちゃんは吸いやすい片方の胸ばかり吸ってしまいます。
そのため、吸われない胸は乳腺が縮小して小さくなってしまうのです。

授乳後の胸・片方だけ小さいときの解決法は?

授乳後に片方の胸だけが極端に小さいときには、大きな方の胸に母乳が残っている可能性があります。

乳腺が詰まったままだと次の妊娠時に乳腺が開きにくくなる、しこりになるといったこともあります。
しこりなどを感じるときには専門機関を受診してみましょう。

また、左右の胸を同じ大きさにするためには、まずはからだの歪みを直すことが大切です。
ヨガやストレッチで左右対称の動きを行ってみましょう。その上で、小さい方の胸だけマッサージを行います。 血行を良くして胸に刺激を与え、バストアップを目指しましょう。

豊胸口コミでおすすめのクリニック豊胸手術に関する情報はこちら!

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド