各豊胸手術法の特徴をチェック

脂肪注入法による豊胸手術

バッグを入れることに抵抗があるという方や、あまり実績がないような最新の豊胸法は怖いという方におすすめの方法です。

池田ゆう子クリニックの脂肪注入法は、失敗例をほとんど聞かない歴史のある治療法です。

デメリットとしては「しこりのできやすさ」が挙げられますが、池田ゆう子クリニックではある特別な注入技術により、そのデメリットを回避しているんです!

コンデンスリッチ豊胸手術

「コンデンス」というのは「濃縮」という意味で、脂肪を濃縮させてから注入するのが従来の脂肪注入法との違いです。

脂肪吸引をして採取した脂肪を遠心分離機にかけ、老化細胞などの不純物を除去します。このようにしてできた「コンデンスリッチファット」を注入することで、生着率は80%にもなります!

濃縮する分多くの脂肪が必要になるため、痩せ型の人には不向きです。

セリューション豊胸術(幹細胞豊胸術)

セリューション豊胸とは、再生医療の分野で飛躍的に臨床研究が進んでいる幹細胞を使った豊胸手術法です。

幹細胞は赤ちゃん細胞とも呼ばれ、脂肪に混ぜて注入すると成長し、血管などの細胞に分化するため、生着率の向上が望めます。

セリューションシステムによって、高濃度の幹細胞を分離させることができます。

バッグ挿入法による豊胸手術

今では豊胸手術の定番となったのがバッグ挿入法です。中でもシリコンバッグがポピュラーかと思います。

シリコンバッグは、もともと世界各国で広く使用されていたもので、ヒアルロン酸のように何度も注入しなくていいのがメリットです。

しかし、中身が漏れ出てしまう事例が相次ぎ、最近では国内でも使用されなくなってきました。

ヒアルロン酸注入による豊胸法

若い方から年配の方まで、多くの方が利用しているのがヒアルロン酸注入法です。

ヒアルロン酸はもともと体内にある成分なので、バストに注入してもアレルギーなどの心配も少ないですし、注射するだけなので、身体にほとんど負担をかけることがありません。

ただ、効果が短いことがネックです。2~3年程度で効果がなくなってしまうので、繰り返し注入することが必要になってきます。

バッグプロテーゼ豊胸による豊胸手術

一昔前まで主流だったシリコンバッグ挿入法にかわり、メジャーになった豊胸法です。

クリニックによって使用されているプロテーゼは様々ですが、「コヒーシブルシリコンバッグ」「メモリージェル」「ナトレル(バイオセル)」などが高性能プロテーゼとして有名です。

一度施術をすれば半永久的な効果を得ることができますが、手術の手直し等が非常に困難です。

脂肪幹細胞注入による豊胸手術

近年注目されているのが幹細胞注入法です。

セリューション豊胸と同じく、幹細胞を脂肪と一緒にバストに注入するというものです。こうすることによって、しこりのリスクも減り、脂肪の生着率を高める効果もあります。

他の脂肪注入系豊胸手術と同じく、痩せ型の方には向いていないというのが特徴です。幹細胞に関しては分かっていないことも多いので、注意が必要です。

ピュアグラフト豊胸手術

ピュアグラフト豊胸は「ピュアグラフト250」という特殊な脂肪組織容器を用いているのが特徴です。

不純物の除かれた脂肪を使用することで生着率が高められ、効果もアップします。 遠心分離機を使用する豊胸法に比べると、脂肪細胞を傷つけずに注入できるのがメリットです。

こちらもやはり痩せ型の方には不向きなので、一度医師に相談してみましょう。

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド