「ヒアルロン酸注入による豊胸」ってなに?

今やほとんどのクリニックで扱われているプチ豊胸が、ヒアルロン酸注入法です。
ヒアルロン酸注入法は、その名の通りバストにヒアルロン酸を注入することによってサイズアップをはかるものであり、メスを使うなどする大がかりな手術はしたくない、という方に人気の施術方法です。

ヒアルロン酸とは、もともと人体に存在するムコ多糖類の一種で、体内に注入しても違和感やアレルギーの心配のない安全な成分です。
一般的なヒアルロン酸だと、施術時間は約20~30分、腫れや内出血や痛みも1週間程度すれば引きます。持続効果は2~3年程度といわれていますが、「低吸収ヒアルロン酸」を使用すれば10年以上持続するといわれています。

ヒアルロン酸豊胸のメリットとデメリット

■メリット
  • 身体への負担が少ない
  • バッグ挿入法や脂肪注入法に比べると、体内に異物を挿入したり、カニューレで脂肪を吸引したりといった大掛かりな施術もなく、施術時間も20~30分程度なので、身体への負担が少ないといえます。

  • アレルギーの心配がない
  • ヒアルロン酸はもともと体内に存在する成分なので、体内に注入してもアレルギーの心配はありません。

  • バレないように少しずつ注入することが可能
  • 一度の施術で2カップ上げるとバレやすいですが、ヒアルロン酸注入の場合はバッグ挿入とは違い、少しずつ大きくすることが可能です。1年ごとに美容外科に通って、バレないよう徐々に大きくしていくことができるのです。

■デメリット
  • 効果が短い
  • 脂肪注入は生着すれば半永久的、バッグ挿入は術直後から半永久的な効果を得られますが、ヒアルロン酸注入の効果は2~3年程度と短めです。そのため、一度の施術で半永久的な効果がほしい、という方には不向きです。

  • 豊胸効果は0.5~2カップ程度が限界
  • 少しだけ大きくしたいのならぴったりですが、例えばAカップから Eカップにするのは、ヒアルロン酸注入ではほぼ不可能。徐々に大きくしていきたいのなら、定期的な施術が必要です。

ヒアルロン酸注入でおすすめの名医は?

ヒアルロン酸注入で豊胸を行う「プチ豊胸」で特に人気の高い美容外科が、品川美容外科です。
品川美容外科のヒアルロン酸豊胸は「ヴィーナスバスト」と呼ばれ、品川美容外科で豊胸施術を受けた多くの方がこれを利用しています。

品川美容外科でも品川院院長の照屋智先生は口コミでもよく名前があがっています。照屋先生が担当した豊胸手術の症例写真を見ても、理想的な大きさと美しい形に仕上がっているものばかり。やはり、ヴィーナスバストを担当している機会が多いようですね。
他にも、バッグ挿入法の「マーメイドバッグ」の施術も頻繁に行っています。

品川美容外科

品川美容外科HP

新宿本院
〒108-0075
東京都港区港南2-6-3
シントミビル5F(全42院)
営業時間
10:00~20:00
ホームページ休診日
http://www.shinagawa.com/土・日・祝日も診療しています

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド