水泳にはバストアップ効果がある?理由やおすすめの泳ぎ方を詳しく解説

2019年8月30日に更新しました。

バストアップと水泳の関係って?

プールで運動をすると、姿勢の矯正やダイエットがしやすいと聞いたことはないでしょうか。なぜかというと、プールでは全身を使って運動をする“有酸素運動”ができるためです。

バストアップにはそういった適度な運動や栄養が不可欠です。しかし自分でトレーニング、ジムで筋トレというとなんだか難しい印象がありませんか?でも、水泳なら簡単です!

今回はそんな水泳の中でも実践しやすく、バストアップに効果的な泳ぎ方を紹介します。

なぜ水泳がバストアップにいいの?

出産で垂れてしまった胸も、大胸筋を鍛えれば垂れを止めることができますし、小さくしぼんでしまった胸も、大胸筋を鍛えることで形を良く見せることができます。

このようにバストアップのためには、大胸筋などの部位を鍛えることが必要になってきます。

この大胸筋を効率的に鍛えることができる運動が水泳です。

全身を使う有酸素運動である水泳には、からだの血流をよくする作用もあります。
出産後に起こるさまざまな産後トラブルは、妊娠中は高体温状態であった身体が急速に元の冷たい身体に戻ることで起こります。

泳ぐことによって脂肪が燃焼しやすい身体を作ることは、バストアップだけでなく、産後の体調不良にも効果的です。

ただし、水泳で作ることができるのはバストの土台となる大胸筋だけなので注意してください。
また、水泳だけでバストの脂肪を増やす、柔らかくするといったことはできません。

きちんと食事をとって必要な栄養を摂取することで脂肪を増やし、日ごろのマッサージなどによってバストを柔らかくする必要がありますよ!

バストアップにはどんな水泳がおすすめ?

クロールのメリット

バストアップに適した泳法は、クロールです。

腕をしっかりと伸ばして、頭の上で水をかくように泳ぐと、大胸筋を効率的に鍛えられます。
授乳で両方のバストが離れてしまった、バストトップが下がってしまった、などの悩みにも効きます。

大胸筋を効率的に鍛えることができるので、バランスのよいバストを目指す方や、ゆっくり長く泳げる人におすすめの方法です。

平泳ぎの動きもバストアップに効果的

平泳ぎも効果的な泳ぎ方の一つです。

たくさんの距離を泳ぐことやひたすら水をかくということよりも、一度にたくさんの水をかけるように意識して泳ぐことが大切です。

泳げない場合はどうしたらいい?

平泳ぎやクロールができないという方は、背泳ぎなどの泳ぎやすい方法でも大丈夫です。

まったく泳げないという方は、なるべく体を深く水に入れてウォーキングをしながら腕を回しましょう。
背泳ぎやウォーキングの場合でも先ほどと同じように、なるべくたくさんの水をかくように意識してみてください。

温水プールの水温はおよそ30度前後です。
体温よりも低いので、短時間だけの水泳では身体が冷えてしまいます。

そのため、身体を内側から温めて血行をよくするには、20分程度続けて泳ぐことが必要です。

早く泳ぐのではなく、身体の内側を温めることを意識しながら、ゆっくり泳ぐようにしましょう。
効果的にバストアップするためには、週に2~3回程度のスイミングがおすすめです。

水泳は非常に脂肪燃焼作用の高いスポーツです。
トレーニングをやればやるほど、しっかりと脂肪が落ちます。バストのサイズダウンのために水泳をやる人もいるほどです。

やりすぎないように注意してバストアップを目指してくださいね!

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド