豊胸手術にかかる手術代、相場はこれくらい!

女性の中には、自分の胸の大きさにコンプレックスを持っている人は少なからずいます。そのような人は、豊胸手術をすることによって自分のコンプレックスをなくすことが可能になります。

この時気になるのは、一体どれぐらいの費用相場になるかです。今回は、ヒアルロン酸注入法とシリコンバッグ挿入法、そして脂肪注入法の3種類の費用をそれぞれ見ていきます。

ヒアルロン酸注入にはどれくらいかかる?

ヒアルロン酸注入法の費用は、1㏄当たりおよそ3000円程度になります。
この施術方法は、ヒアルロン酸を胸に入れることで膨らみを作る仕組みです。ヒアルロン酸自体は、人間の皮膚の中に溶け込むようにできており、副作用も少ないため美容整形などでも頻繁に用いられている成分です。

ヒアルロン酸を利用することで、胸を大きくすることはできますが、1カップ大きくするためには80㏄から150㏄程度の注入が必要になります。仮に100㏄注入した場合には、30万円ほどの費用がかかります。

手術は別に費用がかかる

これに加えて、施術費用として10万円前後のお金がかかると考えておきましょう。ほかの手術方法に比べて安いのは、効果が半永久的に持続するわけではないからです。

1年から2年程度でヒアルロン酸が皮膚の中に吸収されてしまうため、定期的にヒアルロン酸を注入することが必要になります。その点を考えて費用を計算すると良いといえます。

シリコンバッグ挿入にはどれくらいかかる?

シリコンバッグ挿入法の費用は、およそ80万円から100万円ぐらいの間になります。この手術方法は、メスを入れてシリコンバッグを挿入する方法です。

ヒアルロン酸の場合と異なり、シリコンは皮膚に溶け込むことはありませんので、一度手術をしたら何度も手術をする必要はない点は大きなメリットです。

脂肪注入にはどれくらいかかる?

脂肪注入法は、自分の脂肪を注入することで豊胸をする方法になります。

この手術方法の費用は、90万円から100万円ほどになるでしょう。ほかの手術方法との違いは、自分の脂肪を利用して胸を大きくするため、副作用などが出にくく自然な膨らみを出すことが可能です。
サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド