バッグ挿入を決意したけど、気になるのは豊胸の術後の痛み

何年も前から悩み続けていた貧乳から卒業するために、バッグ挿入法を受けることにしました!でも、とにかく手術が怖い印象がありました。豊胸手術後の痛みや傷跡はどうなるんだろう…という事ばかり考え、不安でした

カウンセリングへは3度通いました。バッグ挿入を希望していましたが、怖くなって、2回目はヒアルロン酸注入のことを詳しく聞きに行きました。

希望はAからDカップだったのですが、ヒアルロン酸注入の場合、一度の施術では2カップ以上アップさせるのは難しいようです。さらに、2年もしたら効果がなくなってしまうということを聞き、余計に悩んでしまいました。

3度目のカウンセリングで、ついにバッグ挿入を決意!たくさん話を聞いてくれたこともあり、どんなに怖くてもこの先生を信じよう!と思いました。

バッグ挿入法でおすすめしたいクリニックは、高須クリニックです。詳細は『高須クリニックのおすすめポイントはこれ!』をご覧ください。

手術後、すぐに感じた痛み

手術内容は先生に何度も説明してもらい、自分でも調べていたので知っていました。麻酔は効いていましたが、手術内容は想像通りのもので、意外と恐怖心は感じませんでした。手術室も重苦しさはなく、なんだか歯医者みたいな感じに思えました。

ただ、点滴と麻酔でかなり寒くなりました。なんとなく感覚は想像していたつもりでしたが、痛みよりも寒かったことの方が記憶に残っています

痛みが続いたのは、術後3日までです。胸の皮の内側にDカップ分の物質が入っているから当たり前なのですが、皮が引っ張られているような違和感を感じました。体勢を変えるときが一番痛いです。

豊胸後はゆっくり行動した方がいいですよ!起きるときは、ゆっくりゆっくり時間をかけて起き上がりました。1ヶ月たったあたりからは、あまり痛みはなく違和感も薄れていきました

豊胸手術後3ヶ月の感想

今では、豊胸手術から3ヶ月が経ちます。

痛みがあった頃は生活スピードがいつもよりのんびりでしたが、特に生活に支障が出たわけではありません。

傷跡は残っているし、まだちょっと赤みがありますが、痛みはないです。傷と言っても、ワキを上げてじっくりと見なければわからない程度のちょっとした傷跡です

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド