本当に大豆製品や乳製品でバストアップできちゃうの?

大豆製品や乳製品のバストアップ効果やおすすめレシピをまとめています。大豆製品や乳製品にはどんな栄養があり、何がバストアップに作用するのでしょうか。
一緒に悩みを解決していきましょう!

なぜ大豆製品や乳製品がバストアップに効果的なのか


豆乳


バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像バストアップに豆乳がいいのはなぜ?
断乳後にバストがしぼんでしまう大きな原因が、女性ホルモンの減少にあります。
大豆にはバストアップには欠かせない女性ホルモン(エストロゲン)に似た働きを持つイソフラボンが豊富に含まれています。

そんな大豆製品の中で一番おすすめしたいのが豆乳です。
豆乳のなかには、9種類の必須アミノ酸など良質な植物性たんぱく質、ビタミン類、ミネラル類がたくさん含まれています。
産後のバストを整えるためには、女性ホルモンで胸に良質な脂肪を付けるだけでなく、身体全体の筋力をアップさせることが重要です。

栄養バランスのよい豆乳は、筋力アップにも効果があります。
直接飲む場合は、一日コップ3杯程度に留めましょう。同じ食材をとりすぎることは体に負担になるので、要注意です。
バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像バストアップに効果的とされている豆乳には最適な飲むタイミングがある
自宅で出来るバストアップの方法としては、食生活の改善が最も簡単です。
特に、入手が容易な食品であるほど、長期間続ける事が出来るので大きな効果へとつながります。そこで、おすすめできるのが大豆を原料として製造された豆乳です。

豆乳がバストアップに効果的な理由は、大豆イソフラボンというポリフェノールを豊富に含んでいるからです。
この栄養素は、女性ホルモンと非常によく似た構造であり、同様の作用を期待できます。
バストアップ等の女性の特徴を形成するためには、ホルモンの働きは必要不可欠であり、これの代用となる栄養素を含んでいる豆乳は推奨できる内容を備えています。
ただし、この効果の裏返しの部分として、タイミングにも注意しなくてはなりません。

豆乳は、たんぱく質やビタミン、ミネラル等の栄養素を豊富に含んでおり、美容と健康の改善に効果を期待できます。
女性の多くが希望しているバストアップに対しても、これらの栄養素は非常に有効ですが、さらに大豆イソフラボンというポリフェノールを含んでいるので、プラスアルファの効果を見込めます。
大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンとよく似た作用を持つ栄養素です。

これを豊富に含んでいる豆乳を飲む事により、身体の内側から自然なバストアップを働きかける事が出来ます。
ただし、生理中に豆乳を飲むと周期に影響が出る可能性があります。

このために、健康的なバストアップを希望しているのであれば、生理が終わってから豆乳を飲むのがベストなタイミングとなります。
つまり、時間帯ではなく身体の状態を考慮する事が、バストアップを実現するためには必要という事になります。
健康状態をキープした上で、美容に取り組むのが効果的であり有効です。

豆乳を使ったレシピ


バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像豆乳カルボナーラパスタ
豆乳と卵、乳製品が一緒に取れるバストアップにおすすめパスタです。

通常のカルボナーラと異なり、牛乳の代わりに豆乳を使います。パスタは少し硬めに茹で上げると食べるにちょうどいいです。
豆乳は調整、無調整どちらでも大丈夫です。
1同量の生クリームと豆乳、卵黄、コショウをボールで混ぜます。1人前を作るときには、生クリームと豆乳を100CC、卵黄1個が適量。隠し味として、昆布茶や白味噌を一つまみ加えるとさらに本格的な仕上がりに。
2フライパンにオリーブオイルを熱して、スライスしたニンニクとたまねぎ、ベーコンを炒めます。
3ニンニクに少し焼き色がついたら茹で上がったパスタと1をさっと混ぜ合わせて完成!

チーズ


バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像なぜチーズがバストアップに効果的なの?
バストアップに欠かせないのは動物性たんぱく質です。

ふっくらとした胸は、脂肪、乳腺で作られています。この脂肪を身体全体ではなく、胸にだけ付けるのがバストアップのために欠かせない作用です。

太らずにバストにだけボリュームを持たせ、理想のスタイルを目指すのに取り入れたい食材として登場するのがチーズです。
良質な動物性たんぱく質を作る乳製品のなかでも、チーズは2~3割がたんぱく質でできているため、効率的に胸につく脂肪を作ることができます。

また、チーズはほかの乳製品に比べて消化しやすく、必要でない脂肪分はしっかり燃焼されます。
適量を毎日とり続けることで、バストアップだけでなく、身体全体のシェイプアップ効果も期待できます。

チーズを使ったレシピ


バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像簡単ピザトースト
バストアップに必要なチーズの分量は、スライスチーズ1枚分程度。チーズフォンデュだとチーズの摂取が多くなりすぎてしまいます。

一番手ごろな摂取方法は、朝のパンに一枚、スライスチーズのせて焼くだけ。だけど、毎朝同じでは飽きちゃいますよね。
そこで、簡単ピザトースト。
野菜のトッピングを変えれば、バリエーションは無限です。市販のピザソースを買わなくても、ケチャップだけで美味しいです。
1パンにマーガリン、次にケチャップを塗る。
2お好みの野菜とトッピングする。※バストアップ効果のあるビタミンEを含んだアボガド、ナッツ類、かぼちゃなどおすすめ。
3とろけるチーズを野菜の上にのせて、焼くだけ。

ヨーグルト


バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像なぜヨーグルトがバストアップに効果的なの?
バストアップに欠かせない動物性たんぱく質のなかでも、牛乳を原料にしたチーズやヨーグルトは効率的に効果を出すことができると言われています。

発酵食品であるヨーグルトには、たんぱく質のほかにカルシウムやビタミン類も多く含まれています。乳酸菌が身体によいということは周知の事実。ヨーグルトを食べて悪いわけがありません。
しかし、食べすぎは要注意。
栄養素が多く含まれているので、バストだけでなく体中に脂肪がついてしまう恐れも。一日一食、適量を摂取するようにしましょう。

また、冷たいものはからだを冷やすため、産後の冷えた身体には、冷蔵庫から出したばかりの冷たいヨーグルトはよくありません。
室温に戻すか温める食べ方を考えましょう。

ヨーグルトを使ったレシピ


バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像ホットヨーグルト
ヨーグルトをレンジで1分ほど温めるだけ。
温めすぎると乳酸菌が死んでしまうので、ぬるいぐらいが適温です。
牛乳を飲むとおなかの調子がという人にもおすすめです。中性脂肪を減らす作用があるので、いらない脂肪を減らしてバスト周りをすっきりさせる効果があります。

ハチミツやバナナ、キウイなどの果物と組み合わせると、ビタミン類も摂取できるので、バストアップ効果が高まります。
ナッツ類が豊富なグラノーラにホットヨーグルトと合わせるのも、女性ホルモンアップに効果的です。

コンビニなどで販売されているヨーグルトのなかには、温めて食べる商品もあります。試してみてはいかがでしょうか。

きなこ牛乳


バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像おすすめの組み合わせ!ダイエット効果も抜群のきなこ牛乳
手軽な方法でバストアップしたいと、考えている方も多いでしょう。

このような方に、お勧めなのが「きなこ牛乳」によるバストアップです。
バストにボリュームを付ける為には、まず乳腺を発達させなければいけません。

乳腺の周りには脂肪が付きやすい為、乳腺が発達する事により、自然とバストにはボリュームが出ます。
きなこは女性ホルモンと同じような働きをする「大豆イソフラボン」を多く含んでいる食材です。

また、牛乳には良質なタンパク質を含んでいるので、バストに脂肪をつけやすくする、そしてホルモンバランスを整える作用がある為、きなこと一緒に摂るとよりバストアップに有効です。

そしてバストアップだけでなく、きなこに含まれるサポニンには脂肪の燃焼をアップする作用もあるので、ダイエットにもお勧めとなっています。

また、きなこにはこの他にも新陳代謝を改善する効果があるので、バストアップ、そしてダイエットの為に摂取するという場合は、牛乳と一緒に飲みましょう。
そうする事によりバストに脂肪をつけやすくなり、よりバストアップに効果的です。

また、両方を組み合わせる事により、より満腹感も得られやすくなる為、お菓子などの間食を控える効果も期待出来ます。
作り方も簡単で、コップ1杯の牛乳に大さじ1杯程度のきなこを混ぜるだけです。
たったこれだけの工程で作れるので、間食の代わりだけでなく忙しい朝にも手軽に飲める、お勧めのドリンクです。

豊胸口コミでおすすめのクリニック無料カウンセリングが可能なクリニックをもっと見る

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド