意外な食べ物でバストアップ?

意外な食べ物に含まれるバストアップの効果をまとめています。あなたも知らないうちに食べているはず!栄養や効果について知り、一緒に悩みを解決していきましょう!

はちみつの栄養分はバストアップに最適!


バストアップではバストの成長に必要な栄養が多く含まれる食品を積極的に食べることが有効ですが、中でも最適な食品といわれているのが、はちみつです。はちみつには、ビタミンB1、B2、B6などのビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群はエネルギー代謝やたんぱく質の分解と合成、女性ホルモンの分泌などをスムーズにする働きがあるので、新陳代謝を活発にしてバストアップに貢献してくれます。

その他にも、はちみつには健康維持に大切なミネラルやアミノ酸などの栄養素がバランスよく含まれているので、バストが成長しやすい健康的な身体を作ってくれるのです。
また、はちみつにはバストアップ成分として注目を集める「ボロン」が豊富に含まれています。
ボロンはミネラルの一種として、女性らしい身体をつくるホルモンであるエストロゲンの濃度を高める作用があります。そのため、毎日食べることでバストアップ効果が期待できます。

良質なたんぱく質は肉・魚を適度に食べていれば十分に摂れますが、カロリーの取り過ぎが心配な方は、代わりに豆腐や納豆などの大豆食品を食べるのがおすすめです。
またビタミンA、ビタミンCは緑黄色野菜や果物に豊富に含まれていますが、特にブロッコリーにはビタミンA(βカロチン)とビタミンCに加え、血流をスムーズにするビタミンEやビタミンB2が豊富に含まれているので、バストアップを目指す方は、はちみつを隠し味に加えたドレッシングをかけて食べてみるといいですね!

なお、バストアップをしたくても忙しくて食事に十分な時間を取れないという方は、緑黄色野菜がたっぷりのグリーンスムージーや青汁にはちみつを入れて飲む、良質なたんぱく質が豊富なヨーグルトにはちみつをかけて食べるなどによって栄養補給して、バストアップを目指しましょう。

このように、バストアップに最適な食品であるはちみつですが、バストを作る材料となる良質なたんぱく質、健康な皮膚・粘膜を作るために大切なビタミンAやビタミンC、亜鉛などは十分には含まれていないので、これらの栄養素を毎日の食事で補給していくことが大切です。

マシュマロは意外に低カロリー


美容効果の高いといわれているマシュマロをおやつとして摂取することで、バストアップにつながります。

マシュマロに含まれる卵白やはちみつ、コーンスターチなどには、美容や健康に多いコラーゲンをはじめとした成分がたくさん含まれているため、バストアップ以外の効果も期待できるのです。
マシュマロは気軽におやつとして取れるので、試しに食べてみてください。
マシュマロを効果的に摂取して、ふんわりとしたバストを手に入れましょう。

納豆には美肌効果も!


大豆の発酵食品である納豆には、イソフラボンがたっぷり含まれています。

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つ成分で、バストアップに効果的とされています。
納豆が持つ納豆菌、ナットウキナーゼは、イソフラボンの吸収を良くする働きを持っています。
つまり、他の大豆食品を食べるよりも納豆を食べた方が、バストアップ効果を期待できる栄養素を多く摂取できるのです。
ナットウキナーゼには血流を促して、身体の冷えを防止する作用もあります。産後の冷えやすい身体を守ってくれる食材です。

納豆には他にも、美肌効果のあるビタミンB、アンチエイジング効果のあるビタミンE、酵素などが含まれています。
低カロリーなので、食べ過ぎても肥満になる心配はありません。

低価格でも手に入るので、納豆は本当にお得な食材ですね。

バストアップのためのチーズを使ったレシピの画像納豆を使ったレシピ“納豆丼”
納豆のほかにねばねばした野菜を混ぜる丼もののご飯です。

決め手はマグロとイカで、食感も楽しめます!

料理本などでも紹介される人気納豆料理で、自宅にある食材で簡単にアレンジできます。
韓国のりを刻んでかけると韓国風にできますよ。
1 山芋をおろす。食感を残したいときには棒で叩いて小さく潰す。おくらをさっとゆでて小口切り。沢庵や高菜などの漬物も細かく切る。
2 マグロやイカを小さく切る。
3 どんぶりにご飯をよそって、1と2の野菜と魚介、それに混ぜた納豆を乗せる。最後に納豆のたれをかけて。たれが足りないときには、お好みでめんつゆをかけて完成です。

豊胸でおすすめのクリニック豊胸手術に関する情報はこちら!

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド