豊胸したって知られたくない!豊胸の相談や不安を解決

突然バストが大きくなっていたら、身近の方は驚くかもしれません。でも、着こなしで隠そうと思えば意外と隠れるものです。

見た目だけでなく、例えばレントゲンに写ることでばれないか、または乳がん検診のときにわかるんじゃないかなど、不安に感じることはたくさんあると思います。

そこで、多くの女性が不安を抱えている疑問をまとめてみました!
体験談なども掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

豊胸手術に関する疑問を解決!

Q.レントゲン検査に関して

「豊胸手術を受けたいのですが、会社の同僚たちには豊胸手術をしたとばれたくありません。定期検診でレントゲンを撮影することがあると思いますが、豊胸の跡はレントゲンに写ったりしますか?」

豊胸後にレントゲンを撮る機会があるのなら、これは気になるポイントですよね。

シリコンバッグなどの場合は特にレントゲンに写ってしまいそうですが、脂肪注入やコンデンスリッチではどうなのでしょうか? また、レントゲンに写ってしまった場合、「異常あり」だと疑われてしまうのでしょうか?

Q.マンモグラフィー検査に関して

「豊胸バッグを挿入しようか迷っていますが、豊胸をした知人はマンモグラフィー検査を断られたと言っていました。豊胸バッグを入れていると、マンモグラフィー検査は受けられないのでしょうか?」

マンモグラフィーとは、乳がん検診の際にバストを強く圧迫して撮影する機械のことです。

強く圧迫することでバッグが破損する可能性があるとして、検診を断られるといった問題は、過去にはよく起こっていました。豊胸の技術が発達した現在でも起こりうる問題なのでしょうか?

Q.豊胸手術はばれる?

「まだ30代なのにバストが垂れてきてしまったので、美容整形で豊胸手術を受けようと思っているのですが、姑には絶対に知られたくありません!豊胸手術は身近な人にばれてしまうものでしょうか?ばれない方法があったら教えて下さい。」

豊胸手術法によって、ばれやすい手術法とばれにくい手術法があります。

ただ、ばれにくいものほど体に吸収されやすかったり、ばれやすかったとしても手術が一回で済む場合もあります。自分に合った手術方法を選びましょう。

ばれにくい手術とばれやすい手術の特徴の違いを紹介するので、参考にしてみてください!

Q.2カップアップさせたいけど…

「AカップからCカップにしたいのですが、2カップのサイズアップはやっぱりばれてしまうでしょうか?」

多くの方が懸念するのが、この悩みです。

美しくなって、周りに見てもらいたいという願望もあるかと思いますが、同時に「ばれたくない」と思っている方が多いのではないでしょうか。

2カップのサイズアップは、周囲にばれてしまうのでしょうか?ばれない方法は?

Q.豊胸手術によってダウンタイムは違う?

「手術にはダウンタイムがあると聞きました。胸は大きくしたいけど、仕事はあまり休めません。走ったり、多少運動のようなことも必要になる仕事なのですが、そういった状況でもダウンタイムを気にせず受けられる豊胸手術はあるでしょうか?」

仕事や休みの調整などをするためにも、豊胸手術によるダウンタイムの違いを知っておくことは大切です。

バッグ挿入法、脂肪注入法、ヒアルロン酸注入法、コンデンスリッチ豊胸など、それぞれの豊胸手術に必要なダウンタイムをご紹介します。

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド