美容整形や豊胸は何歳から受けられる?

日本では美容整形がなじみ深く、多くの人が施術を受けています。
ただ、成人していれば自分の意志で美容整形の施術を受けることができますが、10代の学生だと親が反対するケースは少なくありません。

18歳未満でも美容整形を受けられる?

未成年の整形は危険ではないか?という議論もあり、学生の間は美容整形に興味があっても躊躇するケースが多いです。

結論から言えば美容整形に年齢制限はなく、何歳でも行うことは可能ですが、18歳未満の場合は保護者の名義が必要になります。

同意書の必要性

同意書は必要?という質問もよくある質問ですが、18歳以上20歳未満の場合は親の同意書が必要です。
18歳以上20歳未満だと本人名義で申し込むことができるものの、保証人である親の許可が必要となります。

親の同意書は施術の数だけ必要で、同じクリニックであっても省くことはできないので必要枚数の同意書を事前に準備しておきます。
クリニックでカウンセリングを受けるときも、カウンセリング後に施術を受けたい場合も親権者の同伴が必要になります。

子どもが勝手に同意書を作成することも…

親には言わずに勝手に同意書を作成して提出する子どももいますが、クリニック側では親権者が本当に同意しているか電話で確認することもあります。

日本では、基本的に未成年は自己判断で美容整形を受けられないシステムになっています。

ローンについて

10代の学生が美容整形を受けたい場合、問題になるのがローンです。
ネット上の美容系掲示板では、未成年でもローンは組める?という質問が時々投稿されます。

18歳未満の場合は本人名義での医療ローンは組むことができないため、親権者名義でのローンを組むことになります。

18歳以上20歳未満の場合は、収入があればローンを組むことができます。

未成年でもローンは組める?

未成年でもローンは組めますが、親権者の連帯保証が必要になります。
ローンを申し込むときには免許証やパスポート、保険証などの身分証明書が必要になるので年齢を偽ることはできないです。

親の同意書と費用の問題が解決した場合でも、未成年が美容整形を受けることに不安を感じる人はいます。
クリニックでは施術前に医師のカウンセリングがあるので、不安を解消してから施術を受けることが大切です。

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド