胸は大きさに関係なく垂れるって本当?バストの「下垂」が起きる原因

年齢とともにバストの下垂(垂れ)が起き、悩まされる女性は少なくありません。
胸の下垂というと、バストサイズの大きな人特有の悩みというイメージがありますよね。しかし、バストの下垂は大きさに関係なく起こるもの。バストサイズが小さくても、油断していると下垂がどんどん進行してしまうので十分注意しましょう。
ここではバストの下垂が起きる原因について詳しく解説いたします。

バストの下垂が起きる原因とは?

女性の胸元には大胸筋があり、その上に乳房と呼ばれる脂肪の塊が乗っている状態です。脂肪で構成されている乳房を支えているのは、クーパー靭帯と呼ばれるベルトのような繊維です。
バストにはたくさんのクーパー靭帯がありますが、バストに揺れや衝撃が起きるとクーパー靭帯は伸びたり切れたりしてしまいます。バストが揺れる頻度が高いほどクーパー靭帯へのダメージも大きくなり、バストの下垂は起こりやすくなります。

バストが大きいと下垂も起きやすい?

バストが大きいということは、それだけ胸に重みがかかることにほかなりません。Fカップ以上の女性ならば、片方のバストにメロン1個分もの重みが常にかかっているといわれています。大きなバストを支えるクーパー靭帯には負担がかかりやすいため、バストの下垂も起こりやすいのです。
バストの大きい女性はよく「バストが重力に負ける」といいますが、重力が直接下垂につながることは少ないもの。バストの下垂の大きな原因は普段の生活でのバストの揺れなので、サイズの合ったブラをつけて下垂を防ぐようにしましょう。

下垂とバストの大きさは関係ないって本当?

バストが大きければ下垂も起きやすいのですが、バストサイズがそれほど大きくない女性であっても下垂に悩まされることはあるものです。
実は、バストの下垂はバストサイズに関わらず起きるものです。特に、バストが柔らかい方は下垂が起こりやすいといわれているので気をつけましょう。脂肪の割合が多いバストは支える力が弱まりやすいため、下垂も進行しやすいといえます。

バストの小さい女性も下垂に注意しよう

胸の小さい女性は、ブラをつけずにカップ付きインナーで過ごすこともあるでしょう。
バストサイズがあまり大きくない女性は、下垂も起きにくいだろうと油断しがちです。しかし、ブラでバストを支えている時間が短ければ、それだけ下垂も起きやすくなります。バストサイズに関係なく、下垂を防ぐためにはサイズの合ったブラできちんとバストを支えておくことが大切なのです。

バストの下垂は、バストの大きさに関係なく起こります。バストサイズが小さめの女性は、バストの大きい女性に比べて下垂対策がおろそかになりがち。そのため、気付いたときにはバストの下垂がかなり進行しているというケースもあるものです。
美しいバストラインをキープするために、サイズの合ったブラをつけてきちんとバストを支えるよう心がけたいですね。


サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド