豊胸バッグは入れ替え可能?経年劣化の危険性

豊胸手術を行なう際に変色や変形などの経年劣化が心配になり、相談するケースが多々あります。また、豊胸手術を受けてから、胸のしこりが気になる人もいます。

日本は技術力の高い優れた専門クリニックが多いですが、豊胸手術では様々なトラブルも報告されています。

豊胸バッグは経年劣化する

豊胸手術には様々な種類があり豊胸バッグやヒアルロン酸注入、脂肪注入が有名ですが、豊胸バッグは経年劣化の問題があります

耐久性が落ちた人工乳腺バッグが入っていると、様々なトラブルが生じます。形が変形し、バッグの内容物によっては健康を害するケースもあります。

豊胸バッグは入替が可能なので、異常が見つかったら信頼できる専門クリニックに相談して適切な治療を受けることが重要です。

胸の形が変わってしまう

豊胸のトラブルのひとつが、胸の形が左右で違うケースです。
形が違う理由は患者によって様々ですが、医師の技術力が未熟だとアンダーバストの位置が左右でずれることがあります。

このような場合は、人工乳腺バッグを取り出せば元の状態に戻すことができます。
挿入した切開口から取り出すので、新しい傷が付くことはないです。

元のサイズに戻るのが嫌であれば、新しい人工乳腺バッグの入替が可能です。
希望によってヒアルロン酸の注入や脂肪注入による手術も選択することができます。

クリニックではどんな処置をしてもらえる?

視診で見た目の変化を確認しますが、長年の経験から培った知識と技術を活かして豊胸手術後も内容物の異変を徹底的にチェックします。

しこりが見つかった場合は、しこりが豊胸バッグの破損などによる液漏れで起こったものなのか病気が原因かを適切に判断します。

豊胸手術を行なっているクリニックでは人工乳腺の状態や乳腺の除隊、乳がんの有無を診断しています。

診断をした後は、患者の希望を丁寧にヒアリングして豊胸バッグの入れ替えなど最適な対処を提案してくれます。

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド