バストアップのためにお風呂でできることを紹介します!

2019年8月30日に更新しました。


お風呂はほとんどの人にとって習慣になっていると思います。
この方法は、習慣の一つとしてバストアップを目指せるので、簡単で続けやすいです。

紹介するのは、お風呂でのシャワーの流し方を工夫することで血行の循環を良くすると同時に、乳腺へ刺激を与えてバストの発達を促すというものです。

お風呂で簡単にできるバストアップ術!シャワーの流し方を工夫する

まず、お風呂の中でシャワーを乳房の下付近へあてて上へと移動させていきます。
このときに急に動かしたり、激しく動かしたりせず、ゆっくりと動かすようにして、乳腺を刺激することを意識してください。乳腺へ刺激をあてることによってバストアップを促進していきます。

この時に注意すべきなのは、外側から内側に流すように当てることです。
正面から当てる、内側から外側に当ててしまうと、バストの形にも影響してくるため、ご注意ください。

なお、水圧が弱いものよりは強いものの方が効果を期待することができますが、水圧が強すぎない程度のシャワーを使うことがおすすめです。

半身浴で身体ポカポカ!冷え性改善からバストアップ

半身浴は冷え性改善に効果があることで知られていますが、バストアップにも効果が期待できる入浴方法です。
下半身は血液が滞りやすい場所でもあります。
血流の流れが悪くなることで老廃物が溜まりやすくなります。さらに、老廃物が溜まることで新陳代謝の低下にもつながります。
半身浴で血流の改善を促し、体の中にある老廃物を外に排出することにより新陳代謝を向上させ、バストアップするという仕組みです。

血流の改善による効果は、バストアップだけでなく美容や健康などにも期待できます。
このように美容効果や冷え性など様々な相乗効果が期待できる半身浴は女性にとって最適な入浴方法です。

半身浴の入浴方法ですが、まず大切なのがお湯の温度です。

半身浴で用意するお湯は30℃~40℃と、ぬるめのお湯です。半身浴にはリラックス効果もあるため、お湯に浸かりながらバストのマッサージやストレッチをしてみてもよいでしょう。

寒い冬などはすぐにお湯が冷めてしまうので、お風呂の蓋を利用する、お湯をつぎ足すなどの工夫が必要です。
汗をしっかりと掻く入浴方法でもあるので、水分補給も大切です。

血流の改善には水分がとても重要で、汗をたくさん掻くと血液の水分が少なくなりドロドロの血流になってしまいます。
このような状態ではしっかりとしたバストアップ効果が期待できないので、汗を掻いた時には十分な水分補給が大切です。

半身浴をよくするという方の中には長時間浸かっている方もいますが、効果的な半身浴は20分~30分の入浴を1日に数回するという方法が効果的です。

長時間はいることで、汗で体が冷えてしまう場合もありますので、水分補給と体調管理を怠らず、しっかりとバストアップ効果を得るためにも効果的な入浴をすることが大切です。

豊胸口コミでおすすめのクリニック豊胸手術に関する情報はこちら!

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド