筋トレでバストアップ?コツや効果的な方法を紹介します

2019年8月30日に更新しました。

バストアップの方法としてはいろいろなものがありますが、トレーニングをすると加齢によるバストの垂れを防ぎながら、美しい形のバストを作ることが出来ます。

エクササイズやマッサージでのバストアップはよく聞くと思いますが、バストアップのために筋トレをしてもいいの?と思う人もいるかもしれません。
やりすぎてしまうと脂肪の大部分が筋肉に変わってしまいますが、程よく筋トレすれば脂肪を効果的に落とすことができます。

垂れずにバストアップ!チェストサンド筋トレ

とはいえ、筋トレでバストのトップとアンダーの差を変えるのは難しいです。

筋トレによるバストアップ効果は、筋トレをすることでバストの基礎となる筋肉が鍛えられ、バストの見た目のサイズ感やバランスを整えることに繋がるというものなので、変わっている実数のこととはまた別の部分でのバストアップだと考えた方がいいかもしれません。

垂れてきたバストのハリを戻す、授乳後のしぼんだ胸の形を整えるということについては、バストアップサプリなどに頼るよりも筋トレによるバストアップの方が有効なのです。

チェストサンドのやり方は簡単で、両手を体の正面で合わせて思いきり押し合う。たったこれだけです!

これなら、入浴中や家事の合間など、まとまった時間が無い時にも出来るのでおすすめです。
加えてチェストサンドには垂れた胸を上向きに整える効果があり、バストの形を整えたいという人にも試していただきたいです。

垂れてきた胸には腕立て伏せが効果的

次に、垂れてきた胸を大きくする効果を持つ筋トレの方法を紹介します。

まず、プッシュアップ、いわゆる腕立て伏せがあります。

やり方のポイントは、腕を肩幅ほどまでしっかりと広げて行うことです。

これによってきちんと大胸筋が刺激され、最大限に筋トレの効果を引き出すことができます。
また、膝を立てる、腕を前後に置くなどすることで大胸筋をいろんな角度から鍛えることが出来るので、いろいろな方法を試してみてください。

ダンベルを使って大胸筋を鍛える方法

ダンベルを使うことで大胸筋を効果的に鍛えることができるため、腕立て伏せだと物足りないという方は試してみてください。

自分で出来るバストアップの方法の中でも、ダンベルで鍛えることは簡単に始めやすく、続けやすいことで知られています。

ダンベルはいろいろな重さのものがありますが、初めてであれば軽量な物でも十分に鍛えられます。
トレーニング方法には、立って行うものや仰向けで行うものまで様々です。

基本のトレーニング方法

今回は一番ベーシックな方法を紹介します。

まずダンベルを両手に持ち、仰向けになります。
肩が背中に寄せられていることを意識しながら腹筋に力を入れ、ダンベルを持ち上げます。
ダンベルを下す際は脇を閉じないように、胸は張ったまま腕を下ろします。この時、地面に対して腕を垂直に保ったまま下すことを意識しましょう。

これを20秒間で15回繰り返すことを一セットと考えられるのが望ましいですが、慣れるまでは回数よりも筋肉を意識してトレーニングすることが大切です。

一日に2セットを目指してみましょう!
手のひらでダンベルを掴むというよりも、人差し指と中指でギュッと掴むイメージでいるとよいかもしれません。

ペットボトルで簡単エクササイズ

運動には器具を用意しておくのも便利ですが、身近なところではペットボトルもとても役立ちます。

ペットボトルはダンベルの代わりにもなりますし、器具が初めてであれば重さも大きさも手頃です。
用意するものは水の入ったペットボトルですが、500ml程度のものが大きさとしても手に持ちやすく、重さも重すぎず、程よく運動を行なうことができます。

ペットボトルを使ったエクササイズとしては、基本的にダンベルで行う筋トレと同じで構いません。
先述したような仰向けになってダンベルを上げ下げする動作を、ペットボトルに置き換えて行うとよいでしょう。

その他のバストアップ方法には、腕を胸の前に持ってきてから横に開くのではなく、胸を反らしながら頭の後ろに伸ばすという方法もあります。

また、立ったまま行えるバストアップエクササイズの一つに、ペットボトルを両手に持って肩幅と同じくらい足を開き、腕を横に広げ、その後は腕をゆっくり胸の前に持ってきて、また開くという動きを繰り返すという方法もあります。

いずれも簡単な方法となっているので、空いた時間にぜひ試してみてくださいね!

豊胸口コミでおすすめのクリニック豊胸手術に関する情報はこちら!

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド