バストに良い睡眠と悪い睡眠がある?解説します

2019年8月30日に更新しました。

バストアップにとって成長ホルモンが不可欠であり、成長ホルモンを分泌させる睡眠というのはとても重要な要素となります。

また、睡眠はバストアップだけではなく、健康や美容に関しても良い影響を与えますので、睡眠に関する習慣を見直すことはとても大切となります。

バストアップに必要な成長ホルモンは質のいい睡眠から

ラクトゲン受容体という組織に対して成長ホルモンが働きかけることによって、バストアップを実現することができるとされています。

つまりバストアップのためには、成長ホルモンの分泌を促すことが大切となります。
そのためには、睡眠習慣から見直すことが効果的なのです。

バストアップに効果的な睡眠の取り方としては、必ず22時から2時の間に寝るというのが大切となります。
この時間帯はゴールデンタイムとも呼ばれ、分泌が一番活性化される時間です。
そのためこの時間に寝ることによって、細胞の再生などをより活性化させることができるのです。

しかし、現代社会において規則的に生活することも難しくなってきており、さらには夜型の生活習慣になってしまっている人も少なくありません。
そのため、なかなかこの時間に睡眠をとることができない人は多くいます。

そのような場合は、睡眠を取る前にストレッチをする、昼に適度な運動をするなどして寝つきを良くするのがおすすめです。

生活習慣を変えるというのは大変なことでもあり、夜型の方が健康的でいられるという方もいます。
無理に生活習慣を変えようとする必要は無いので、できる範囲で行いましょう。

バストアップを意識するなら寝る時の姿勢にも注意!

バストアップするための方法には様々なものがありますが、寝る姿勢も関係してきます。

すぐに実践できるので、ぜひ試してみてください。
寝る時間は一日の中でも多くの時間を占めています。

ナイトブラを使用して胸を包み込み、寝ている間にバストアップという方法が良いのですが、まずは、寝る時の姿勢がどのようにバストアップに影響するのかを見ていきましょう。

うつ伏せに寝る癖がある方は、なるべく仰向けに寝るように注意をしてみましょう。
うつ伏せの状態はバストを潰すような形になってしまうので、形が崩れる原因となってしまいます。

しかし、仰向けならいいという訳ではありません。ただ仰向けになるだけでは、重力によって胸が外側に広がってしまい、バストが離れてしまう危険性があります。

そこで、ナイトブラを活用するのがいいでしょう。
良質な睡眠のためには、理想的な姿勢を保ちながらしっかり睡眠を取れるような工夫をすることが大切です。

ナイトブラを活用しよう

ナイトブラにどのような効果があるのかというと、バストアップや胸の垂れ改善や防止、バストが外側を向いている、離れているなどのバストの形の補正、ハリを取り戻すなど様々です。

ナイトブラによるバストアップの仕組みは、バスト周辺の脂肪をバストに集めてその脂肪をくせづけしてバストに変換するというものです。
そのため、できるだけ毎日継続してつけることが大切になります。

ナイトブラと聞いた時に、寝る時にブラはつけない派だという方もいると思います。

ですが、ノーブラでいると胸の垂れを早めるらしいのです。
バストにはクーパー靭帯があり、バストを上から支える役割しているのですが、ブラをしないとクーパー靭帯は伸びてしまうようです。

そのため、バストの横流れを防ぎ適切な位置で安定させることが必要ですが、就寝時に締め付け感の強い日常使いのブラの着用は望ましくありません。
ここでおすすめなのがナイトブラの着用です。

気になるつけ心地ですが、締め付け感がなく、抜群の伸縮性です。
またノンワイヤーのものが多く、苦しさや圧迫感もありせん。ナイトブラでバストアップをしようと一言でいっても、いろいろな会社から様々な商品が出ています。

スポーツブラのようなものや、吸放湿性に優れたクール素材、デザインがレースなものまであります。
そのため、用途や付け心地や自分のなりたい理想の胸に合うナイトブラを探すようにしたいですね。

豊胸口コミでおすすめのクリニック豊胸手術に関する情報はこちら!

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド