日常的なあの動きも?バストアップに効果的な動作を紹介!

2019年8月30日に更新しました。

骨盤を意識したウォーキング法

ウォーキングを行うことによって骨盤が動くのですが、これによって骨盤内の血液の循環が良くなるので、結果的にバストアップにつながります。

下半身が冷え性になってしまっている女性は多く、それが血流の悪さに繋がっています。
血流が悪くなると、バストアップに必要な栄養素も行き届きにくくなります。

しかし、ウォーキングを行うことで、全身の血流が良くなるため、栄養がバストに届けられるようになります。
また、血の流れを良くするのと同時に、腕を振ってウォーキングすることで大胸筋が鍛えられ、さらにバストアップに繋がっていくのです。

骨盤を動かして血流を良くし、さらにバストアップするためには、正しいウォーキングの方法を知っておくことが大切です。

まず、ウォーキングをする時はスポーツブラを着けるようにしましょう。バストが揺れてしまうと、バストの脂肪が燃焼してしまうためです。

脂肪が燃焼してしまえばバストアップと逆効果になってしまいますので、運動中はしっかりとバストを支えることが大切です。
背中にある肩甲骨を背骨の方へ引くようにして胸を張り、腕を前後に振って歩きます。これによって大胸筋も鍛えることができます。
顎を引いて遠くを見ながら歩きます。
下を向いてウォーキングをすると、猫背になってしまうので注意しましょう。肩の力を抜いて、お腹をひいて背筋を伸ばします。かかとから着地して、つま先で蹴るようなイメージで歩きます。

バストアップのためのウォーキングでは、前後のストレッチもきちんと行うようにしましょう。
こういった骨盤を動かすウォーキングを行うことで、バストアップに必要な栄養素を流すことが出来ます。

掃除機をかける作業は自然なバストアップ

掃除機をかける作業は、体力的にも姿勢的にも辛いと感じる人は少ないかと思います。
普段何気なくしている動作が、実はバストアップにもつながるとなれば、嬉しく感じませんか?

バストアップのための掃除機のかけ方としては、基本的に普段誰もがかけるような動作で十分です。
腕を大きく前後させて掃除機をかけましょう。普段は気にしていなかったかと思いますが、実際にしてみると、確かに胸筋や肩甲骨が動いているのがわかります。
この動いている、ということの積み重ねがバストアップにつながっていくのです。ただしバストアップの効果も見込んで掃除機をかける作業をするのであれば、左腕でも掃除機をかけるように注意しましょう。

おそらく普段は利き腕だけで掃除機がけをしていたかと思いますが、それでは片方のバストアップしかできないのです。
左右のバランスが崩れてしまっては本意ではないでしょうから、多少やり辛いと感じても、左腕での掃除も同じくらいするようにしましょう。
腕をのばす、引き戻すという動作を一つ一つ大きくして、胸筋や肩甲骨が大きく動いていることを実感しながら行いましょう。

時にはカーテンレールや棚の上といったような高い位置のホコリも吸うように心がけると、さらに筋肉がのばされて効果的です。

姿勢を意識しながらの雑巾がけはバストアップに大きな効果が!

昔と違って自宅内を掃除するときに、雑巾がけをすることは少なくなったのではないでしょうか。
床を掃除するときにはモップ類を使用する、そもそも拭き掃除をしない家庭もありますよね。
理由は雑巾がけが大変だから、ということだと思いますが、実はこの雑巾がけの大変さがバストアップにもつながります。

雑巾がけでバストアップを期待するのであれば、姿勢を意識することで、より効果的になります。
まずは胸筋を使うことを意識して、四つん這いの姿勢になりましょう。
床を押すようにして拭いてみると、胸筋が使われていることが実感できます。この時に腰や背中を真っすぐにするように気をつけましょう。

膝をのばしてそのままふつうに雑巾がけをするだけでも、バストアップのエクササイズ効果があります。

さらにバストアップ効果を期待するのであれば、雑巾がけの途中でちょっとしたエクササイズを取り入れます。
先ほどと同じように四つん這いになったまま、腕だけをぐっと前にすべらせて雑巾がけをします。
腰や背中は真っすぐなまま、膝や足は元の位置から動かないようにします。50㎝程度でよいので前へすべらせたら、今度は元の体勢にもどります。

実際にしてみると案外きつい動作ですが、それだけに体幹や筋肉も鍛えられます。
バストアップのためには、雑巾がけの途中にこの動作をできるだけ折り込んでみましょう。

腹筋を意識してカラオケへ!口を動かすことでバストアップに必要な筋肉も

バストアップはバスト周りだけを鍛えれば良いと考えている方もいるのではないでしょうか。
バストアップのための筋トレやストレッチは様々なものがありますが、腹筋や口を動かした時に使う筋肉を鍛えることもバストアップに影響を及ぼしているのです。
腹筋を使う、口を動かすことができるものとして歌を歌う、カラオケに行くということは、歌うことが好きな人は特に続けやすいですよね。

また、女性ホルモンの分泌はバストアップに大きく関係していますが、ストレスなどですぐに乱れてしまいます。そのため、ストレス発散の手段としてもカラオケという方法はピッタリであると考えられます。

バストアップを意識して行う場合は、何も考えずにただ歌うのではなく、腹筋を意識しながら口をしっかりと動かすようにしましょう。続けると、お腹周りがすっきりしてくるので、メリハリのあるボディも作られるでしょう。

また、はっきりと発声することを心がけると、自然と顔の筋肉をしっかりと使えるようになります。
これによって顔や首などの筋肉もほぐされ、老廃物なども流されていきます。

バストアップには、バスト周りだけでなく口を動かすことで鍛えられる筋肉にも大切な役割があるのです。

バストアップにはボウリングの素振りが効果的

バストアップをするにあたって、バストを支える大胸筋を鍛える事も大切です。
大胸筋が衰えてくると胸を支えきれなくなって胸が垂れてしまう、ハリのある美しい形を維持出来なくなることがあります。自宅で簡単に出来るバストアップ方法のひとつにボウリングの素振りがあります。

適切な負荷を掛けながらボウリングの素振りをする事で無理なく大胸筋を鍛える事ができてバストアップに繋がります。毎日左右同じ回数の素振りを行う事で両方の筋肉がバランス良く発達していきます。

出来れば全身が見える鏡を見ながら行うと良いです。
最初から無理をすると肩や腕を痛めてしまう事もあるので、最初は無理をしない程度にして、慣れて来たら回数を増やす、負荷を大きくするなどしていきましょう。

ボウリングの素振りを行う時に必要な道具はダンベルです。
ボウリングの球の代用としてダンベルを持つ事で腕に負荷を加えます。自宅にダンベルが無い方はペットボトルに水を入れたもので代用しても大丈夫です。
ペットボトルに入れる水の量によって負荷を調節出来るので、最初は軽めにしておくと良いでしょう。

そして腕や肩に無理の掛からない範囲内で素振りを行います。
バストアップの為には、出来るだけ腕をゆっくりと動かし、大胸筋が鍛えられる様なイメージをしながら行うと効果的です。
重い負荷で素早い素振りをしてしまうと、肩や腕を痛めてしまう可能性があるので注意が必要です。

最初は少ない回数からでも構いませんが、毎日継続する事がバストアップの為には大切です。
バストアップ方法には色々な種類がありますが、基本的には大胸筋を鍛えるという事が前提となるので、テレビを見ている時間などを利用して継続していきましょう。

豊胸口コミでおすすめのクリニック豊胸手術に関する情報はこちら!

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド