脂肪注入で胸にしこりが?これを防ぐための豊胸術とは


脂肪注入による豊胸手術をおこなったあと、
まれに「しこり」ができてしまう場合があります。
このしこりの正体や原因とは、一体何なのでしょうか?

今回は、脂肪注入での豊胸で胸にしこりができてしまう原因や、
しこりを作らないための豊胸術についてお伝えします。

脂肪注入後にしこりができるのはなぜ?

脂肪注入法で豊胸手術を受けた際にできる「しこり」の原因に多いのが、
「一度に注入する脂肪量が多すぎる」というものです。

体から採取した脂肪細胞は、一旦ダメージを受けている状態です。
その後脂肪細胞が血管とつながることで酸素・栄養を得られるようになり、
バストに定着していきます。
このときうまく定着できなかった脂肪細胞は、体に吸収されるのが普通です。

しかし、一度に注入する脂肪量が多い場合は、少々事情が変わります。
脂肪細胞がうまく定着できず壊死したとき、塊のままでは体内へ吸収されにくくなるため、そのまま残りやすいのです。

ダメージを受け壊死した脂肪の塊には、免疫反応によって被膜が生じます。
被膜に包まれた脂肪は「しこり」となって残り、触ったときに硬く違和感を覚えるようになるのです。

このようなしこりは嚢胞(のうほう)と呼ばれ、がんなどによる悪性のしこりとは異なります。ただし、しこりの周りで炎症が起きると、石灰化して硬くなる場合も。
こうした石灰化したしこりや大きなしこりは、手術によって切開し、取り除かなければならなくなるケースもあるため、注意が必要です。

脂肪注入でしこりを作らないためには?

脂肪注入による豊胸手術でしこりのリスクを減らすには、
以下のポイントを知っておくことが大切です。

少量ずつ、注入場所を分散させながら手術を行うこと

しこりができるのを防ぐには、ごく少量ずつ、複数個所に分散させながら注入することが重要です。脂肪を少しずつ注入することで、しこりの原因である”大きな脂肪の塊”ができるリスクを最小限に抑えられます。

また、脂肪がバスト全体に分散することで、シルエットやボリュームも自然な印象に。脂肪細胞を1ccずつ注入することで、しこりのリスクを避けることが大切です。

一度に大量の脂肪注入をおこなわない

一度に数カップアップさせるほどの大量注入をしてしまうと脂肪が大きな塊になり、しこりになるリスクが高まります。
また、圧力によって注入した脂肪が定着しにくくなるというリスクも。

もともとのバストサイズが小さい方は、半年ほどの間隔をあけながら複数回に分けて脂肪注入をおこなう方法もあります。
医師に相談のうえ、最適な方法を決めましょう。

脂肪注入でしこりのリスクを減らすには、クリニック選びが大切


脂肪注入による豊胸でしこりができるリスクは、医師の技術によって大きく左右されます。そのため、数多くの症例を経験した”脂肪注入法のベテラン”医師がいる美容クリニックを選ぶことが大切です。

脂肪注入法に関する不明点や不安なことにも、専門医なら真摯に対応してくれるため、安心して任せられます。
脂肪注入法を専門としている池田ゆう子クリニックでは、脂肪注入の際に「バスト血小板注入療法」というオプションを選ぶこともできます。

これは採取したご自分の血小板と脂肪を一緒にバストへ注入することで、脂肪細胞へ酸素と栄養を運ぶ毛細血管の再生がスピーディーにおこなわれ、脂肪が定着しやすくなるというものです。
また、しこりのリスクを減らすことにもつながります。

脂肪注入法による豊胸手術を検討している方、
リスクの少ない豊胸手術に興味のある方はお気軽にご相談ください。

サブコンテンツ

豊胸クリニックの口コミ確認

このページの先頭へ

豊胸おすすめクリニックガイド